医療ローン

確定申告のふるさと納税について教えてください。 今回医療費控除等も...医療ローン

確定申告のふるさと納税について教えてください。

確定申告のふるさと納税について教えてください。
今回医療費控除等もあって、確定申告をすることになりました。
しかし源泉徴収税額のところが0円です。
住宅ローン控除などでの結果なのですが。

役所にも確認しにいったところ、ふるさと納税は住民税の部分だけ控除されるということで、自己負担額2000円とはいかないと言われました。
調べてみると、ワンストップ特例だと所得税からの還付ではなく、全額住民税から控除されるとありました。
ということは所得税からの控除枠がなければワンストップ特例で住民税が全額控除されるようにすれば自己負担額2000円になるということでしょうか。
あまり知識がないので、細かな間違えはご容赦ください。

控除に順番があるのを知ってますか?あなたの場合、確定申告で源泉徴収票の総収入、年末調整での控除額、源泉徴収額、住宅借入金控除額を入れるのですが、住宅借入金控除は税額控除なので、すべての所得控除、つまりあとから追加した医療費控除と寄附金控除を算入した所得税から住宅借入金控除を行い、引ききれない分が住民税からの控除に回ります。
ですから、住民税からの控除限界の13万6500円に達しなければ、同じ所得税0円でも住民税からの控除で所得税分の控除は実現します。
住民税からの控除でまだ住民税が余っていればそこからふるさと納税の住民税特例分がさらに引かれるという順番です。
結論は、住宅ローンの住民税からの控除額が13万以下で、まだ住民税がふるさと納税分余っていれば実質2000円負担は可能になります。

>ふるさと納税は住民税の部分だけ控除されるということで、自己負担額2000円とはいかないと言われました。
住宅ローン控除で住民税控除枠いっぱいまで使い切っている場合はそうなります。
もし住民税控除枠が十分余っていれば、寄付金額-2,000円がすべて住民税から控除になりますよ。
>所得税からの控除枠がなければワンストップ特例で住民税が全額控除されるようにすれば自己負担額2000円になるということでしょうか。
所得税からの控除枠でなく住民税からの控除枠です。
ワンストップ使えればそうなりますが、医療費控除申告するならワンストップは使えませんね。>「自己負担額2,000円とはいかない」と言われた意味は、寄付金が限度額を越しているのでその分負担額が2,000円より多くなるということではありませんか。
もしそうであれば、限度額の確認なしでふるさと納税をすれば往々にして起きることだと思いますよ。
私などは6月初めに送付される住民税の決定を待たずにふるさと納税をするときには、かなり低めに予想して実行していますがね。>ふるさと納税、失敗組ですね。やく半数の人が失敗するのですから・・・。
医療費控除で、確定申告すると、ワンストップ特例はキャンセルされるって知ってました。
それだけ、お粗末な知識で、いろいろして、結果、余計に税金沢山納めてくださいね。>

-医療ローン

© 2020 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ