学費ローン

私立中学の学費について。 我が家は、ごく一般的な中流サラリーマン世...学費ローン

学資保険(みたいなもの)に入らない方。

学資保険(みたいなもの)に入らない方。
なぜですか?うちは学資保険に子供一人につき300万はいっていて(シンプルなものなので元金割れはしないです )ボーナス時期に支払っています。
友人が自分で貯めるからしないといっている友人がいます。
自分で貯めるのは当然です。
300万じゃ大学いけないのでうちも別通帳で貯めています。
児童手当は1円も手をつけていないし、児童手当と別でも貯めています(児童手当抜いたら一人につき毎月1万ほどですが)私が学資保険をしている話をしたら自分にはしていない理由を話してきて、なんだか学資保険しているうちんちがダメな気分にさせてきました。
で、自分で貯めるといっている友人は結局ここ最近赤字だからお金いれていないといっていました。
それって結局貯めてないのでは?というか学資保険している人は学資保険以外で子供にお金貯めないのでしょうか?

人の生活に対する考え方は其々で、誰が正しいとか間違えてるとかは、言えません。
貯金が得意な方は、銀行の積立やJr.NISAでも良いかと?どうせ、大学は1000万円は必要だし、普通ならそんなに貯まらないから、学費ローンを組む人が多いので、銀行と仲良くしておくのも良いかもです。
死んだら途中で貯められないじゃん?と思うかも知れないですが、世帯主が、ちゃんとした保険に入っていれば、何も問題ありません。
因みに学資保険は、3人に一人が、満期までは掛けない継続率の低い保険です。

自分で貯めるといって結局ここ最近赤字だから貯められていないという友人の場合、きっと、学資に入っていても生活が苦しく途中解約するでしょうね。なので、そういう風に生活に余裕のないご家庭は、はじめから学資は入らない方がいいです。学資入ってる人が、それ以外でも貯めているか貯めていないかはご家庭それぞれでしょう。質問者さまは、そのご友人のいい加減さにイライラしたのでしょうが、所詮よその家庭のことなので、ほっときゃいいです。>こどもの教育費のためにお金を貯めるのは学資保険は安全確実な最高の手段ですよ。
受取時の率が高いとか低いの問題ではないです。
支払い総額<受取額
であればなおいいです。
確実な貯蓄であれば、
支払い>満期
であっても目的の金がたまればどちらでもいいわけです
(この理由、契約者死亡時の育英年金、こども医療特約などの保障性部分)。
貯金と違うので契約者が死ぬと以後支払いはしなくていい。
デメリットは途中で支払いが滞ったり、解約は損ですね。
だから、無理のない支払いなら〇です。唯一楽しみのある保険ですからね。
>私が学資保険をしている話をしたら自分にはしていない理由を話してきて、なんだか学資保険しているうちんちがダメな気分にさせてきました。
知ったかぶりで、自分が加入していない(できない)ことが有利なことと正当化するためでしょう。
>で、自分で貯めるといっている友人は結局ここ最近赤字だからお金いれていないといっていました。
金を貯められない馬鹿ですね。
自分は自分、人は人、アリとキリギリスを思い出しました。
お金のため方は人それぞれです。>学資保険に入っている人の方が意識が高いので、それ以外にも子どものために貯めていると思いますよ。我が家はそうしています。>

私立中学の学費について。

私立中学の学費について。
我が家は、ごく一般的な中流サラリーマン世帯です。
こどもを”私立中学入学”にと考えているのですが、私立中学に入学してくる家庭の平均年収は、どれくらいでしょうか。
一般家庭だと、こどもが貧乏感を味わうことになるのでしょうか。
ぶっちゃけた話が聞きたいです。

ごく一般的な中流(と思っていますが・・・なんだか掲示板系では低所得らしい)共働き家庭です。
世帯年収700万台。
超オンボロ中古住宅(リフォームローン4万程度のみ)車1台ぶっちゃけ・・・最低層です。
昔に比べて私立中学が身近になっているのは確かです。
ですが、援助なしで子供1人を私立に行かせるのは我が家がギリギリ。
家に車に年1の旅行なんて思っている家庭だったら無理だと思います。
私立中学に通わせる=理系私立大学を覚悟ですし・・・。
年間だけでなく、この先の教育費も当たり前のように増えます。
ただ、貧乏感は味わっていないと思います。
金銭感覚がおかしい程のお子さんは、伝統ある(良くも悪くも)一貫校では多くても一般的私立校では少数派です。
まぁ・・・持っているものが何気に高価だっり、「ああお坊ちゃんね」と思わされる言動はありますが(苦笑)貧乏感を味わうほど暇がない。
というのも事実です。
親同士は、役員にでもなればちょぉっと「おう・・・不景気は我が家だけに来てる?」って思う事はあります。
迎えに行ったら、車が我が家だけ5ナンバーとか(笑)でも気にしません~気にされたこともないですし、年収の話しにもなりません。
鞄や服がノーブランドだからって何か言われたこともありません。

我が家は首都圏在住ですが、同じく6年生の中学受験生がおります。
おそらく年収だけでは、一概に線引き出来ない部分があると思います。
家のローンが無かったり、相続があったり、不労所得があったり・・・。
ただ、一般的には お子さん一人で 年収800万以上、お子さん二人で1000万以上と言われていますが、節約上手なお母様、工夫上手なお母様、ご実家の支援を受けてらっしゃる方もいらっしゃいます。
要は、進学校なら年間で100万~120万程度のお支払いの用意が出来れば 大丈夫ではないでしょうか。
一般的には、おそらくスタートはこの辺りのご年収前後~だとは思います。
我が家もご他聞に漏れずのサラリーマン家庭。
上場企業勤務の主人が一馬力で働き、私は専業主婦、息子は一人っ子。
去年に、ようやく主人の日本育英会の1種奨学金(高校~院修士卒までの計9年分の教育費)の返済を終え、今は持ち家(年収の3.5倍程度で購入)のローンを払いつつ、ようやく一人息子の塾代を支払っている身分です。
実感として、食べていくには困りませんが、贅沢は出来ません。
つつましく生活をして、何とかといったところでしょうか。
家のローンの早期繰上げで元金を減らしたい・・・と脳裏にチラついてはいるのですが、今はもっぱら牛歩の歩みです--;。
車が10年目を迎えましたが、今年は子供の入学年度で物入りですし、新車を購入する余裕はないので 車検に出し 新規購入は見送ります。(つまり、我が家も下から数えた方が早いかもしれません^^;)
ただ ぶっちゃけた話ということですと・・・
やはり、私立という場所は、裕福な家庭が多いのは事実で、開業医 勤務医、士業、自営業、上場企業勤務、上級職の公務員家庭で大半だと思います。
難関校、上位校へ行くほど、その割合は上がるでしょう。
仮に、お子様が中学生辺りだとお父様は40代前半から半ば。
仮に大手上場企業ですと、おそらく役職に付いていますから・・・平均的には900万前後以上。
大手銀行さん、商社さん、マスコミ関係さんだと、1500万程度は頂いているのではないでしょうか
我が家は男子ですが、塾のお友達同士の話でも、それぞれご家庭の勤務先や住んでいる場所、車の話は出ますね。
ましてや、通常の年齢よりマセた子達ですので、「年収」というキーワードも知っていますね。
ある日、私も息子から「年収1000万」というキーワードが出た日、「うーわぁ~~~」と引いてしまいました・・・ >_< ;
つまり、それ位 そういう事にも敏感な年齢ではあると言う事ですよね。
女の子さんなら、もっとおマセさん?なのかしら・・・と思います。
6年生の地点で、受験をする子供達の中で「基準値が1000万」という価値観を持っているお子さんやご家庭が多いのかな、という印象を持ちました。
私は子供の前で具体的な収入の話は嫌なのでしませんけれど、中には そういう事をご家庭で子供さんに話すんでしょうね。
そんな中で、お子様が貧乏感を味わうかですが・・・どうでしょう・・・。
スレ主様の生活が分からないので、何とも言えないのですが・・・。
ただ、お子様の性格的な物にもよるのではないでしょうか?
よそを羨ましいと思ったり、比較する性質のあるお子様だと よくお考えになった方が良いですし、もしくは 我が道を行くようなしっかりとご自分を持っているお子様だとあまり心配なさらなくても宜しいのではないか、と。
でもね・・・やっぱり無理のない範囲でなら、ちょっとしたお付き合い程度の臨時のお小遣いは渡してあげたいですよね。
我が家は関東なのですが、みんなでディズニーに行くとか、小旅行に行く、映画に行くとかはあると思うんです。
予備校だって希望するなら行かせてやりたいですし、せっかくの6年間 良い青春時代を送らせてあげたい。
ご家庭の価値観をどこに置くかにもよりますが、子供が不満に感じる場所って授業料ではなく、この+αの部分ですよね。
そう考えると、一人家庭で家のローン抱えての年収800万だと行かせられなくはないけれど・・・
やり繰り上手な方以外は 何かを我慢するとかしないと、相当 厳しいのではないかと感じています。>子を小学校から地方都市の私立に通わせていました。
その体験から申しますが、私立中学もいろいろありで、わたしは小学校の付設のない中学校をお勧めします。
まあとにかく、小学校組の父兄はどうしようもない。中学進学しても徒党を組んであーだのこーだのうるさいです。
子供も、学校に慣れ切っているので生意気。
6年も、同じ釜の飯を食っているようなところがありますので、しょうがないといえばしょうがないのですが、お互いの家の状況はだいたい見えてしまっているような感じになってしまいます。
大学進学に定評のある中学からの私立ならば、こうしたわけわかんない縁故を引きずることなく、お勉強中心でさっぱりと通学できると思いますので、格差など感じる場もないでしょうね。親同士も緊密にはならないでしょう。
親は、とにかく学費+アルファを捻出できれば、それでいいんだと思いますよ。平均年収など気にしているうちはダメ。中学以降は子供の成績さえ良ければ、尊敬される世界ですからね。できのいい子をもつ親はカネがあろうとなかろうと、一番偉い。>私立中

私立高

私立大学
迄考えているか
私立中

公立高

公立大学
なのか
大学は、自宅から通えるか、下宿か
一人っ子か、他に兄弟姉妹がいるか
以上を総合して考えないと、
途中で資金切れになりかねません
家族旅行や、車の買い換えなど、我慢して、学費以外に、ある程度貯めることができれば、まだ良いですがね>目的は何でしょう。
うちの子は、公立では無理だと判断しました。
勉学ではなく、性格としてです。
男子校、黒の詰襟、頭髪は耳にかかってはいけない、当然染めてはいけない。
子供がお金の心配をしたことはなかったと思います。
親の間では、平均年収の話をしたことはありませんが、金を持っている人、資産を持っている人もいた。
うちは、普通の共働き正社員です。
つまり、共働きという意味は二人分の稼ぎがあったということです。>うちは、母子家庭です。
娘が一人、いますが 私立の中高一貫性に通ってます。
娘が行きたいと言い出したので 思い切って行かせました。
最初は、どうしたものかと あなたと同じような事も考えましたし
どうやって諦めさせようかとも思いました。
学校を見ることもしないで反対もできないと思ったので
娘と一緒に学校見学会に行ってからは
通わせてやりたいと思うようになり、今に至ります。
物は考えようで、その学校の学費が、どれくらいなのかわかりませんが
受験に備えて塾に通わせる、塾までの交通費等考えたら
学費とそんなに変わらないと思いました。
それより、私立だと教師も常に査定されているようで
公立の「のど元過ぎれば 熱さ忘れる」的な教師は、いないように思います。
それに、学校と塾と先生が変わるより
苦手科目は、特に同じ先生に教えてもらうことで
どこがダメなのか、どうすればいいのか
わかってて指導してくれるのを ありがたく感じます。
まわりの子が、とかその子の家庭が、とか
いろいろと、考えることは ありましたが
それは、どこの学校に行っても同じだと思いました。
母子家庭で、主人の遺族年金と私の収入で通わせています。
県からの、奨学金も利用しています。
楽しそうに通って、過ごしているのを
こちらも、うれしく思って仕事も頑張れてます。
私は、公立しか通っていませんが
娘を通して、私学の楽しさも見せてもらってます。
参考にならないかな>

-学費ローン

© 2021 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ