学費ローン

教育ローンについてお願いします学費ローン

会社の同僚の子供の学費(奨学金か学費ローン)の連帯保証人になって欲しいと言わ...

会社の同僚の子供の学費(奨学金か学費ローン)の連帯保証人になって欲しいと言われ、分かりましたと承諾してしまいました。
まだ書類みてませんし印鑑押したりしてませんが断りたいです。
何かいい断り方ありませんか

もちろん同僚があなたに問題をとにかく作らないので、保証人には誰でもいます(不愉快)に関してそれは軽く考えるとして話です。
しかしながら、それは「親類と相談する時、賛成しました。
」この頑強(に関して)で満足なので、それはさらに生徒によって知っています。
私は妻、マスターあるいは父親に叱られました、あるいは母親。
... 親および子どもの端を離婚させるかカットするために言った、どうかもしれません。

赤の他人に保証人をお願いする人っていませんよ。普通、親兄弟や親戚止まりですよね。
もちろん、同僚の方はどうせ迷惑をかけることはないから、保証人は誰だっていいや、ぐらいに軽く考えてると思いますが・・・未来のことは誰にもわかりませんからね。保証人は簡単にならない方がいいです。
家に帰ってよくよく考えたが、やはり無理です、というよりは妻(親)に相談したら、叱られた等の方が、気まずさは少ないような気がします。この際誰かに悪者になってもらいましょう(笑)>「身内に相談したら反対された」
この一点張りで問題ないと思います。>奥さんまたは旦那、もしくは父さんか母さんに叱られた。離婚されるあるいは親子の縁を切られると言われた・・・っていうのはどうでしょう。>

3歳差の学費について教えて下さい。

3歳差の学費について教えて下さい。
現在、第2子を妊娠中で上の子とは3歳差の兄弟になります。
上の子が大学に行くとして、現在2歳なので大学受験まであと15年ほどあります。
上の子の大学受験と下の子の高校受験がかぶるので、今から学費を準備しておきたいです。
具体的に、あと15年後までにいくら用意しておけばその時に四苦八苦しないでしょうか?高校は、公立に行けなかったことも考えて私立、大学も本人の希望に合わせて行かせられるのが一番いいので私立理系あたりで計算したいと思っています。
塾代、予備校代なども教えていただけるとありがたいです。
とりあえず、住宅ローンの返済や私たちの手取り、家計に必要なお金は抜きにして純粋に学費だけいくら貯めていけばいいのか知りたいです。
よろしくお願いいたします。

私立高校は入学金が2から30万円、学費とその他が月3から5万円、制服や指定カバンなど一式30万円とかです。
大学が私立理系だと入学金30万円、授業料前期70万円、諸経費30万円、受験生2人いると3月4月で高校生60万円、大学生に130万円、あと定期代、下宿するならアパートの敷金礼金、家財道具であと50万円とかでしょうか。
自宅から通うとして200万は必要でしょう。
4月以降は高校生の授業料、塾代、大学生の小遣い、などで月に6、7万円、10月には大学の後期授業料70万円とその後も支出は続きます。
また大学生が2人という時期もあるので2人とも私立だと学費だけで300万円になります。
1年ごとにいくら必要か年表のようなものを作って計算しましょう。
小学生の頃が一案お金がかからないので小さいうちから学資保険などで確実に貯めておくことも大事ですね。

うちの息子たちが中3と小6の3歳差です。
現実問題として、「15年後までにいくら」という用意の仕方ではなく、全部公立で大学までに1人1千万かかると想定して、あとはその時の状況に応じて、普段の稼ぎから必要分を追加でねん出することになると思います。(私立も考慮するなら、2人総額で4千万ですね(笑))
うちの2人の塾代、家庭学習教材代で、去年度50万、今年度60万です。(体操教室やピアノなど趣味の習い事は除きます)
上の子は、先日すべり止めの私立高校に合格して、公立の志望校を変えるとか言い出したので、万が一落ちた時のための私立高校入学金100万円をあらためておろしてきました(公立高校合否発表の当日に入金が必要なので、今から用意しています)。
以上、大学のことまではわかりませんが、参考になれば幸いです。>都内私立理系一人暮らしなら、大学院へ行くとすると2000万円/1人くらいは必要。もし自宅通い、院にいかないなら1000万円てところでしょう。>

教育ローンについてお願いします

教育ローンについてお願いしますネイルの専門学校に通いたいと考えています。ですが、学費に100万以上かかるのでずっと躊躇っていました。家は母子家庭で私自身成人しています。先日銀行の教育ローンで、成人の場合本人申込み可能、保証人不要というものを見ました。母はローンなど組めないので自分自身でと考えているのですが、私がローンを通す場合、家の事情などは関係無いですよね?また、銀行ローン以外に私自身で組めるローンなどありますか?どういった制度があるのか分からないため、とても悩んでしまいます。収入もそれほど無いため、審査も通るか不安です。詳しい方がいましたら回答宜しくお願いします。補足母は離婚し、家の関係でローンなど組めなくなりました。なので、保証人になって貰う事も出来ません。

まず、質問にお答えします。
教育ローンとは、本来、子供の進学費用のために保護者が借りるものですが、例外的に学生本人が申請者となって借りることができる場合があります。
これは、銀行の教育ローンだけでなく、国の教育ローンでもありますし、ろうきんやJAなどのローンでもあります。
保証人についても、機関保証といって、利率を上乗せすることにより保証人に代わって信用保証団体等が保証をしてくれる制度もあります。
一番利率が低めで審査が比較的緩やかなのは、国の教育ローン(日本政策金融公庫教育一般貸付)です。
続いて「ろうきん」やJA、銀行はさらに高めになりますね。
審査については、質問者さんが職を辞めて専門学校に通うのか、働きながら通うのか、資産や貯金はどうなのか、ということが大きくかかわってきますし、その学校がどういう学校なのか、就職可能性はどうなのか、ということも少し関係してきます。
このことに関連して、直接に聞かれてはいませんが少し解説します。
ネイルの専門学校と書かれていますが、本物の専門学校であるのか、専門学校「的」な学校であるのかによって、違いがあります。
特に、国の教育ローンの場合は、対象校が限定されていて、無認可校だとローンが認められないことがあります。
専門学校といいますのは、正確には「専修学校専門課程」のことであり、2年間の修業期間です。
1年間とか6か月とかですと、専修学校一般課程だったり、各種学校だったり、無認可校だったりする可能性がありますので、注意が必要です。
また、ネイルというジャンルをどう金融機関などが評価するかということもあります。
申請者がその学校を卒業後、安定した職に就くことができて、融資額が回収できるかどうかという観点でみられるということです。
たとえば、介護福祉士とか保育士とかの養成スクールであれば、民間資格ではなく国家資格が取得できてかなり高い確率でその職に就職できる可能性があると見込めますが、ネイルですと民間資格ですし、資格がなくても就職自体は可能、また、就職できても離職率も高い、ということなどから、おのずと融資審査のハードルが高くなることが考えられます。
たとえば、2年間の専門学校であれば、ネイルを中心としつつも、メイクやエステ、着付け、ブライダルなど幅広い知識や資格を取得できるところもあり、いわゆる「つぶし」がきいて、就職可能性や収入安定性がある程度高いと思われる学校もあるようです。
ネイルオンリーなのか、もっと幅広いのか、などによっても審査の難易度は変わってくると考えられます。
なお、上記の融資先で審査が通らなかった場合には、母子寡婦福祉資金教育貸付や生活福祉資金教育貸付といった、福祉的政策による融資利用困難者向けの教育貸付制度もあります。
携帯だと見れないかもしれませんが、詳しくは、私の知恵ノートをご参照ください。
URLです。
note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n1717note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n1520

家の事情とは母子家庭であるとかでしょうか?銀行はそういったことは考えないと思いますよ。どちらかというと勤続年数とか、勤務先が上場企業かどうか、持ち家かどうか、などなどキチンとお金を返してくれるかどうかです。もし、保証人が必要な場合なら保証人を立てられない人には返済額を増やすとか。←こうした感じで必ず、回収するように心がけています。
予約さえしておけば、土曜日日曜日も相談に乗ってくれますよ。←だいたいが住宅ローンの相談会ですが、前もって言っておけばいいですよ。どこの銀行も相談センターみたいなものがあってフリーダイヤル(0120で始まる無料の相談センターです)でつながります。>

-学費ローン

© 2020 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ