学費ローン

夫が働けなくなったとき、生活費はどうしますか? この度、住宅ローン...学費ローン

大学進学で不安なことがあります。

大学進学で不安なことがあります。
学科は化学系を受けるつもりです。
自分は大学院まで行きたいと考えていました。
しかし、学費などの事はあまり考えていなく、国公立大学に行けたらいいのですが私立大学に進学することになったら学費の面が心配です。
家が裕福であれば良いのですが、自分の家はそんなに裕福ではないです。
奨学金を借りても返し切れるのでしょうか。
ニュースでも最近学費滞納などのことが取り上げられていて不安です。
奨学金のみで私立大学の大学院までいくのは金銭的な面でどうなんでしょうか。

日本で「奨学金」といわれているものの大部分は返済義務のある教育貸与金です。
なかには利子までとる「学費ローン」のことを「奨学金」と詐称している場合もあります。
はっきりいって返済が大変です。
近年の日本の大学院にはよほど学力に自信がなければ進学してはいけません。
以前は大学院に合格できるのは、将来大学の研究者もしくは企業の研究職などに就くことのできる学力のある学生だけでした。
大学院の定員に満たない場合でも学力不足の学生は試験で不合格になりました。
ところが政府の政策の失敗により大学院を作りすぎてしまったために、現在はバカでも大学院に合格できますが、それに見合った就職先はありません。
博士号をとっても就職できない「オーバードクター」が数千人存在します。
飲食店でアルバイトしながら就活している博士様は珍しくありません。
旧帝大や早慶などに進学できる自信がなければ、借金までして大学院に進学するのは大バカ者です。
政府の政策に失敗を自分が尻拭いしたいのであれば、止めませんが、大した学力もないのに大学院に進学するのは百害あって一利なしです。

がんばって国立大学に入ればいいじゃないか。落ちるのが怖ければ、受験するところを下げるだけだ。田舎の大学へいけ。入れる国立大学はどこもないっていうなら学問には向いてない。あきらめる。金の心配するなら、私立大学には入ってはいけない。奨学金を返せる保証は、どこにもない。まして、どこの国立大学も無理だったからと入る私立大学なんて無駄。>理系で私立だと、就職するのはかなり厳しいです
私立の理系と、国立の理系では、予算が何十倍も差があり、研究ひとつするにしてにも予算の壁というものがあります
同じ研究をみんなで1つやる私立と、個人個人テーマに乗っ取った課題を各々でできる国立の違いです
顕微鏡一つ使うのでも、申請して順番待ちの私立と、ひとり1台借りることができる国立の差なんです
文系学部はホワイトボードさえあれば可能ですが、理系は器具、材料などの理由で、国立でないとまともな研究はできないような感じです
農学部とかなんて、ビニールハウス一つを全学生で使う私立と、畑と厩舎をセットで個人に貸し出してくれる国立の差です
理系は意地でも国立に進学しないと碌なことになりません>

新築購入したいと思っています。
35年住宅ローンです。

新築購入したいと思っています。
35年住宅ローンです。
そこで、下記の内容にて問題ないかどうか意見を聞きたいです。
・土地+建物 諸費用 併せて2570万 住宅ローン2600万借り入れ。
・月約7万返済(ボーナス返済無し)・38歳 年収330万 貯金400万程度・嫁 パートにて月12万程度・子供 1人(2歳、保育園) もう一人欲しい形。
・事前審査は通りました。
融資条件として土地、建物担保にて。
・現在車等ローン無し。
宜しくお願いします。

問題ありません。
世の中の大半はそのくらいの収入でそのくらいの家を購入してます。
細かく計算すると学費がどうたら、修繕費がどうたら書く人もいますが、ぜーんぜん大丈夫です。
考えてもみてください。
あなたのまわりに住宅ローンで破産した人間なんていますか?実際いないでしょ。
まっとうに生きていれば破産なんてするわけない。
生活がたち行かなくなるケースは、例えばギャンブルにのめり込むとか、子供を四人も五人も犬のように産んだりとか。
普通じゃない人が破産するんです。
住宅のせいではありません。
事前審査が通ったというなら何も問題ありません。
明るく前向きに進みましょう。

中古でいいのでは?あなたが3歳の頃、世の中がこうなると予想できましたか?新築でも1日でも住めば中古になり、価値もかなり下がります。中古物件もかなりあると思います。逆にいうと手放す人が増えたからです。良く考えた方がいいですよ。>フルローン辛いですね~…。
最初の10年は利子だけ支払う状態で、ローンが終わったら倍支払ってる計算。
固定資産税、メンテナンスはかかりますよ。
車はなくても電化製品は壊れたりしますし。
奥様が今の倍稼ぐなら学費や返済も苦しくないかなとは思います。>厳しいと思います。
貯金を頭金にして借り入れを少しでも減らした方がいいのかなと思います。
固定資産税もありますが、10年に一度くらいで屋根のペンキ塗りをしないといけないですし。
完璧な家が完成するとは限りません。
何かしら問題が出てくるものです。
この先、車の購入や妊娠したら質問者様の収入は無くなる事、旦那様の年齢と収入を考えたら賃貸の方がおススメだと思います。>計算すれば分かることなんですから、計算しましょう。イメージで語っていても仕方がないです定年まで22年とします支出①住居費を除く生活費を月に12万として、22年で3200万②旅費や家電や冠婚葬祭に年30万として700万③学費二人分2000万④老後資金3000万⑤車1台なら維持費1500万⑥固定資産税や修繕費1500万⑦住宅ローン2600万+利息500万支出合計1億5000万収入夫330万×0.8×22年=5800万妻12万×22年=3200万貯金400万収入合計9400万差し引き5600万の赤字です。昇給は養育費の増加と相殺として、退職金が2000万ほど出ても解決しません。普通に考えれば無理ですまた、最も肝心なのは、⑦住宅ローンがゼロ円でも破綻する点。住宅ローンを気にされていますが、そんなことは本質ではありません。仮にローンを半分にしようが、賃貸のままでいようが、いずれにせよ破綻しますしたがって悩むべきは、もっと根本的な部分です「車を捨てられる立地か」「妻がもっと働けるか」「二世帯住宅にしてはどうか」等まずは上記の試算を、ご自身の値に置き直してやってみてください。>現実的にもう少し借入額を減らした方がいいと思います。年収からすると地方勤務かな?もし地方であればもっと安く建てられませんかね。月に7万返済とありますが、毎月の7万ローン返済以外に、固定資産税を払わないといけないですよ。だいたい月に1万前後は考えておいた方が良いです。現段階でどこまで見直せるのか分からないですが、土地代を安いところに変えられるならそうした方が良いし、建物代も見直してもっと安く出来ないか検討した方が良いです。今すでに38才で、ローンスタートの年齢が少し遅いので、余計に月額を減らせるようにした方が良いと思います。>

あん摩マッサージ指圧師の学校に行きたいのですが、学費が400~500万円ぐら...

あん摩マッサージ指圧師の学校に行きたいのですが、学費が400~500万円ぐらいと調べると出てきます。
今は頑張って貯金しているのですが、どれくらいの貯金は必要だと思いますか?ちなみに自分が住んでる場所の近隣には学校がないため一人暮らしを考えてます。
また、奨学金か国の教育ローンからお金を借りようと考えてます。

学費がおよそ500万円、国の教育ローンは基本的に入学時の諸費用と1年間の学費ですね。
するとおよそですが200万円が借りられることになります。
加えてひとり暮らしをするための敷金、家賃などが必要ですが、アルバイトの見込みがあるかどうかで違ってきますね。
仮にないと想定して家賃10万円とすると年間120万円、これが3年で360万円。
その他生活費がいります。
ざっと計算すると、600万から700万円を用意していくといいのではないでしょうか。
なお、もし行くのでしたら、あん摩マッサージ指圧師課程だけよりも鍼灸課程併設の所をおすすめします。
卒業後の収入が、鍼灸もある方が若干上がります。

最低限2000万ほどのお金があれば、資格取得するまで勉強と生活する事が出来ると思う。>

夫が働けなくなったとき、生活費はどうしますか?

夫が働けなくなったとき、生活費はどうしますか?この度、住宅ローンを組むのですが、夫がもし病気や怪我で働けなくなったとき、住宅ローンや生活費をどうカバーしていけばいいでしょうか?死亡時には団信や終身保険、収入保障保険でなんとかなると思いますが、病気で働けなくなったとき、私はパートなので不安です。
会社員なので、公的な給付金等もあると思いますが、足りない分をどうするかアドバイスをお願いします。
また、団信特約で八大疾病保障などがありますが、細則があり実際に有効なのでしょうか。
夫37歳 年収500万妻30歳 年収100万子4歳今加入している保険夫終身保険 500万収入保障保険 月10万を60歳までがん保険 診断時200万医療保険 日額5000円、先進医療特約付妻がん保険 診断時200万医療保険 日額5000円、先進医療特約付子学資保険 17歳時300万住宅ローン繰上返済をしながら、貯蓄や学費の積立ても頑張っていきたいと思っています。
宜しくお願いします。

住宅ローン返済への備えは、住宅ローンに付帯できる保険でカバーするのが一番合理的と言えるでしょう。
つまり、住宅ローンの保障(補償)とそれ以外の保障は、原則分けて考えた方がいいということです。
住宅ローンの保険として代表的なものは以下のとおりで、①を除き②~⑤は任意となります。
①団体信用生命保険(以下団信)②ガン団信・3大疾病団信③債務返済支援保険④7大・8大疾病補償保険⑤失業補償保険①の保障内容等は割愛しますが、フラット35を除き原則加入が義務づけられている保険です。
保険料は金利に組込まれており、表面上の負担は生じません(目に見えません)。
年齢が若ければ収入保障保険等で備えた方が安くなるケースもありますが、40歳位の方が35年ローン等を組むのなら、基本的に団信の方が安くなるでしょう。
②は、①の代わりに選択できる団信で、ガンに罹った場合や3大疾病に罹り所定の状態になった場合に残高が0になる保険ですね。
保険料は直接支払う必要がありませんが、一般的にがん団信が0.1~0.2%、3大疾病団信が0.2~0.3%、金利を上乗せした取扱になります。
例えばガン団信について、3千万円・35年ローンですと実質的な保険料負担は1500円程度になります(金利にもよりますが)。
つまり、ガンに罹った場合、1500円程度の保険料で最大3千万円もの保障が得られるわけです。
③は病気やケガで住宅ローンの返済に困った時、返済を一定期間サポートしてくれる保険ですが、30日の免責期間や、補償期間も最長3年等制限があります。
保険料は返済額1万円あたり50円~60円位の設定だったと思います。
月7~8万円の返済なら300~400円くらいでしょうか。
つまり、400円程度の保険料で、最大8万円×12か月×3年=300万円近い補償を得ることができます。
④は商品によって色々内容が異なりますが、一般的な内容としては、7~8大疾病に罹り働けなくなった時30日間の免責期間を経て1年間返済をサポートし、1年を超えてもなおその状態が継続していた場合には残高が0になるというものです。
⑤はやむを得ない事情で失業し、1か月以上再就職できない場合、最長半年~1年程度返済がサポートされるというものです。
④や⑤については、保険料は銀行負担というところも多いです。
こうした保険はすべて追加保険料を支払う必要がある旨の回答もありますが、誤解が生じやすい部分だと思います。
これらをみてみると、やはりローンに対する保障は住宅ローン付帯の保険でカバーした方が安くできるということが分かると思います。
例えば②のガン団信。
これを一般のガン保険でカバーしようとした場合保険料はとんでもなく高額になりますし、そもそもがん診断一時金で3千万円も支払われるような保険は存在しませんので。
会社員なら傷病手当制度等福利厚生も期待できますし、個人的にはこうしたものを付帯すれば、十分とは言わないまでも必要最低限の備えは確保できると考えます。
個人的には、②ガン団信に③、そして④で追加保険料が発生しないものを付帯すれば十分過ぎるくらいに感じます。
しかし、これだけではどうしてもご不安な場合は、別途所得補償保険等に加入すればいいと思います。
ただ、やはりローン返済をカバーする目的に限定して考えた場合のコストパフォーマンスは、ローン付帯の保険と比較すると大きく劣後します。
つまり保険料が相当に高くつくということです。
もちろん、保険金を住宅ローン返済以外にも使うことができる点は非常に大きいですが、加入目的が何かをはっきりさせて保険選びをしないと、経済合理性に欠けた(非効率な)保険契約に陥りやすいと思いますので、注意が必要です。
なお、既に加入されている死亡保険や医療保険等については、ざっと見る限りでは過不足が目立つという印象もなく、特段の問題はないように思います。
強いて言えば、収入保障保険の保険期間が少し短い印象があります。
ご主人と7歳年齢が違うわけですから、基本的に奥様が年金受給開始かそれに近い年齢まで受取れるように設定するのが無難と言えるでしょう。
以上ご参考まで。

バランスの良い保険にご加入だと思います。
スレ主さんがご心配されているように、ご主人が病気で働けなくなったとき、上記の保険だけでは、ローンが支払えず、生活は立ち行かなくなるでしょう。
怖いのは脳梗塞で半身麻痺、精神疾患などですね。しかし、すべてのリスクを保険でカバーするためには、保険料がいくらあっても足りません。できる対策としては、健康に留意することでしょうか。それと、できる限りの繰り上げ返済ですね。
ご主人が働けなくなったときは、持ち家を賃貸もしくは売却し住み替えをすることも、視野に入れておいたほうがよいと思います。
生命保険の支払いについて、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
スレ主さんにお勧め
団信(団体信用生命)で告知義務違反をした3つの事例~天国から地獄へ~
hokensupportguide.jp/blog-entry-61.html>これは私が勝手に考えていることですが・・・
うちも住宅ローン毎月10万とボーナス払いもあります
夫がもし働けなくなった場合ですが・・・
まずケガの場合
夫は会社員なのでとりあえず標準報酬月額の60%を
1年3カ月もらうことができます。
会社のグループ保険で所得補償もつけているので
傷病手当が終わっても引き続き1年半は似たような金額が
もらえます。
もし仕事中のケガなら労災保険がおりるので
そちらをローン返済にあてようと考えています。
仕事中以外の、働けなくなるぐらいのケガの可能性は
交通事故になるかなと思います。
交通事故の場合、車がかかわる事故の場合は
自分もしくは相手方の自動車保険から保険金が入ります。
実際の損害額に基づき計算されるので
元気で働いていた時と同じぐらいのお金が保障されるはずです。
そして今後一生働けなくなると、その分も計算されます。
ただその時夫に過失がある場合は減らされてしまいますが・・・
もうこの先働けないと分かるころには、障害年金がもらえるでしょう。
これらのお金を合わせると、住宅ローンの支払いはなんとか
なるのではないかと考えています。
ちなみに妻の私は現在130万以内のパートですが
来年からフルタイムで働くので年収は200万を超える予定です。
そして今度病気の場合ですが
先ほどの傷病手当と所得補償は同じです。
ですがケガではないので自動車保険や労災からもらえる
わけではありません
(仕事中に倒れた場合は労災はもらえるので大きな違いですが)
ここで貯金を沢山持っている人は貯金を食いつぶすことになりますが
うちはあんまり貯金ないです。
なので保険でカバーしなければいけません。
団信には入ってますがもう10年も前なので
今の三大疾病や八大疾病なんてついてません。
夫は健康診断の数値が悪いので、新たに入りなおすことは不可能です。
働けなくなるぐらいの病気ってなんだろうと考えると
やっぱり三大疾病かなと思います。
血糖値が高いのでもしかしたらプラス糖尿病の可能性もあります。
がんはがん保険でカバーするのですが、診断金とがん通院は治療に
そのまま使うでしょう。
なので働けなくなっても住宅ローンの支払いにあてられるように
チューリッヒ生命のがん保険を契約しました。
放射線や抗がん剤治療、ホルモン剤治療を受けたら
治療があった月は毎月10万円もらえる保障です。
(設定は5万円ずつアップが可能です)
心筋梗塞は今は治療の進歩で、ずっと働けなくなるほどひどい状態に
なる人は少ない印象です。
なった場合は障害年金もらいます。
脳卒中は死ななくなった代わりに、マヒが残る人が多い印象です。
こちらも障害年金をあてにしようかと考えています。
今いくつかの銀行の8疾病補償の内容を見てきましたが
がんはがんでも対象外のものがありますし
他の病気に関しても同じような状態だと思います。
似たような名前で対象だと思ったのに
これは対象外ですと言われそうな曖昧さが感じられます。
ある銀行の場合は30日働けない状態が続けば
1か月分のローン返済額が補償されて
最長1年間はローン返済額を補償してくれる。
それが八大疾病だった場合は1年間継続した場合
(途切れるとだめなんですね)
残債を一括で補償してくれるとなっています。
でもある銀行は1か月ごとの返済補償はなくて
八大疾病で所定の状態になったら一括で返済してくれる
という内容になってました。
ローンの残債を一括返済なので、条件がかなり厳しく
がんと脳卒中以外は該当するのは難しそうです。
とにかく内容をきちんと確認しないと
かなり差があるなと感じました。
これは団信ではありませんが、5疾病就業不能特約というものです。
30日働けない状態が続くと、1年に1回100万円おりてきます。
10年更新で65歳まで。40代以降になると特約保険料は高い目です。
正直団信の方が保険料は安くて、残債一括の可能性もあるのでいいのですが
団信以外で考えたい人はこれもお勧めです
www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_medical/kit_neo/plan02.html...>旦那さんが働けない間貯金で賄うくらいの金額を余剰金で残しておいたほうがいいのでは?
ローンを組んでも手元に貯金は300万位ないと、なにかあった時(旦那さんの病気以外)怖いですよ。>基本の団信保険料は借り入れの利息に最初から含まれていますが、八大疾病保障特約は 借入人が追加保険料を払って補償範囲を広げるもので、金融機関は人(借入人)のふんどしでリスクを減らせますので 大いに進めてくるはずです。 奥様にとっても心強いですけどね
住宅ローン以外の使い道… 一般的な生命保険で幾らでも探せます。
他に、損保の所得補償保険は面白いですよ。 入院とか通院の日数に対して払われるのではなく、就業不能期間が補償されるもので、生保商品でも 所得補償と謳うモノが有りますが 損保のそれとは大きく異なります。>もちろん、住宅ローンを組む際に、ローン支払者は病気などで
働けなくなった場合の保険をつけますよ!
死亡時やがんになったらローンは全て0になるなど、保障がありますので
大丈夫です。
うちも、つけております!>

-学費ローン

© 2020 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ