学費ローン

今の所、娘が私立大学を受けようと思ってます。 学費ですが、多分四年...学費ローン

あーまた明日から仕事嫌だな。

あーまた明日から仕事嫌だな。
やる気もなく会社も嫌いです。
という中年のかた。
何を思い毎日仕事してますか?

子供の学費 、住宅ローン 猫のご飯笑大概の方は同じかも?健康で平凡..平穏が一番だ

やっぱり皆さま同じ様な感じですね!健康で平凡、平隠それがやっぱり一番なんですね。なにかあって振り返ったらやっぱりこの事が一番なんだと思うんだと思います。この言葉を胸にボチボチやります。ありがとうございます!>お金の為に仕方なく働いてます>

家計診断などお願いいたします。

家計診断などお願いいたします。
妻 夫 30代夫 年収470万妻 出産後退職 現在週一バイトで 年収40万子供 一歳一ヶ月生活費家賃(持ち家)35年固定ローンで78000円食費・日用品 40000円光熱水道費 13000円 保険代 8000円夫こずかい 25000円子供習い事 2700円子供学資 15000円固定資産税 10000円(三年後に20000円予定)携帯・ネット台 7000円その他(家電や日用品など購入、レジャー費など)3~40000円子供の学資も含めると月に4万ほど貯蓄しておりかつ、ボーナス全額貯蓄してます(手取り30×2回ほど) 去年・今年は見込みですが年120万ペースで貯蓄中別に株や保険に資産を持っており600万ほど普通預金に160万ほどあり。
いまは車を持っておらず5~10年後、妻がパート等でしっかり稼げるようになれば購入しようかなと考え中。
こんな状態でそろそろ第2子を…と思ってます。
やはり一人っ子は寂しいから二人予定で考えてました。
これからライフプランで上の子の幼稚園としたの子の誕生、一旦妻は専業に逆戻りになると思うのですが、いまの貯蓄状況でなんとか第2子育てれるでしょうか。
貯蓄ペースはもちろん減ることは覚悟しております。
子供の教育資金はある程度まとまった資金で加入した分と現在積み立てている15000円、15年積み立てれば900万確保予定。
(保険商品で600→900万になる予定)来年からつみたてNISAで将来リフォ-ムのため月10000円8年後(住宅ローン控除終了後)に401k23000円つみたてしようと計画中です。

夫の退職金は現状でいうと700万位予定老後資金は401と退職金では足りないと思われるので妻のパート代から更に老後資金貯蓄しなきゃなという感じですこのような内訳ですが第2子を望んで大丈夫でしょうか

シンプルに考えましょう一般的な基準でいえば、学費ふたり分2000万老後資金3000万をあと30年以内に貯められるかどうか。
貯蓄+株で760万退職金700万保険の運用で300万プラスを加味すると、「ノルマ」は3200万強乱暴に3200万を30年で割れば約110万現在の貯蓄が120万ならギリギリ足ります。
食費などの養育費は増加しますが、昇給はするでしょうし、子供が巣だってからは貯蓄ペースが増します。
何かイレギュラーがあっても、定年後も働くとか奨学金といった救済策もありますから、少なくとも「絶望的」ではないでしょう但し、車は無理。
正直なところ「明らかに不可能」と思いながら試算し始めたのですが、かなり善戦されています。
私も見習いたいです。
ただ、退職金や運用等、未確定事項まで試算に組み込んでの「ギリギリ」なので、もっと突っ込んだ計算をしないと怖いですたとえば修繕費は何年後に幾らを見込んでいるかとか、食費や習い事を幾らで見込むか。
金を未来に送る戦略のようなので、必要なときに必要な金が手元にあるかは、シビアにみる必要がありそうです

なるほど、とにかく第2子ができようがなにしようが年に110万は貯めないとって感じですね。勉強になりました。妻が第2子まで幼稚園に送り出す頃にしっかりパートに出てくれれば、年100は楽にためれそうですが、第2子誕生~3.4年の間は上の子が幼稚園入ったり、妻が専業に戻ったりで数年間は貯蓄額が年100を切ることは想定しとかないといけないかな、、とりあえず クレジットのその他類は減らす努力が必要ですね… >はじめまして。我が家も妻である私が出産前に退職(つわりと切迫で勤務不可)の今は専業主婦です。子供ももうすぐ2歳で二人目が欲しいですが踏み切れません。うちは旦那の年収450万円で月によりお給料が変動するのですが最低でも6万円は貯めています。年間で120~150万円貯めていますが、年末に貯めた分から家電買い換えや家賃更新、冠婚葬祭などのイレギュラーな出費分を予備費として計算して使うので実質は100万円しか年間貯めれていません。
保険や投信、貯金は合わせたら私の独身時代のものでまとまってありますがやはり踏み切れません。現にすでにママ友は月に3万円近い習い事もさせていますがうちはさせてないし車もない安アパートです。
なんとかなりたいですよね…。>別の方も仰ってますが、保育園預けたら赤字家計はキツイ。
1人目ですら赤字なのに二人目は無理だと思います。
老後の資金は奥様が働いて補充すればいいかと思いますので、
まずは、週1パートじゃなくて派遣でも何でもいいから
年収200万は稼ぎましょう。>無理でしょ。まだ1才の子にお金かからない時期なのに。学資を除けば月に2万5千円しか貯められないなんて。私立幼稚園にしろ、保育園にしろ、どこかに預けるようになれば完全に毎月赤字ですよね。小学生以降は食費もかさみますし、習い事0の子なんか聞いたこともないです。収入の割には住宅ローンの額が大きすぎます。2人目を考えるならば、奥さんがまず正社員にでもならなきゃ無理。奥さん正社員で2人目産んだとしても。車の維持費にまで回すお金は無いと思いますが。>株や保険類で貯金が多くできていますが普通貯金が少ないです。。
老後資金ももちろん大事ですが、まだその前の2子出産後2人のお子さんを18~22歳になるまで教育資金がかかってきます。15年積立して900万あれば毎月の給料もあるので何とかなるかなとは思いますが、私立4年制大学だと1人で900万使ってしまいますよ。
この先、電化製品の買い替え、車の買い替え、家のメンテ(外装、修理、リフォーム)でお金がかかるようになります。
2人出産しお子さん2人が小学校へ上がらないと本格的に働けないと思うのでそれまではかなり節約をされて生活された方がいいと思います。
毎月で言えばこの出費→その他(家電や日用品など購入、レジャー費など)3~40000円貯金へまわしたいです。>奥さんも出産後すぐフルタイムで働くなら可能かと。>

学費などについて質問です

学費などについて質問です後期分が払えず休学した場合、卒業は遅れるのか (3月卒業予定)去年秋、自宅が火事になった関係でお金がありません前期分はなんとか出せましたがその後お金が必要になり後期分から出すことに。
そのせいで足りず払える見込みがありません(就活中でバイトもやめたので)。
カードローンもバイトしていないので返せる見込みがなく(奨学金借りてるので待ってもらえばなんとかなるかもですが)途方にくれています

休学期間は、在籍期間に含まれません。
どんな大学でも、4年間在籍しないと卒業できません。
半期休学した場合、卒業は来年9月になります。
というか今日9月21日だけど、今から後期の休学届を出すの間に合いますか?

住宅ローン借り入れについて質問です。

住宅ローン借り入れについて質問です。
現在夫が39歳妻35歳、2歳半過ぎ男児三人暮らしで今の家賃は月71000円で、入居して四年目になります。
貯蓄は400万円で、夫の年収540万円位です。
妻は専業主婦です。
2290万円の建て売り住宅をローンで購入する予定です。
諸費用が170万円(手付け金100万、仲介手数料70万込み)、オプションが網戸、シャッターなどの取り付けで70万円で、総額2535万円になります。
手付け金、仲介手数料は現金払いになるので、(仲介手数料は半額のみの支払い可、残金はローン支払いできます)現金で支払う金額は170万円で、借り入れ額は2365万円程です。
ローン仮審査は地方銀行三行に提出して一行はOKでした。
金利は変動35年(元利均等)で0.675%(月々 63300円 支払い) ~0.575%(月々 62300円 支払い)変動30年(元利均等)で0.675%(月々 72700円 支払い)~0.575%(月々 71600円 支払い)と不動産会社から見積書(まだ確定ではないです)見せて頂きました。
私たちの家族がこのプラン住宅購入することは妥当ですか?ご意見お聞かせ頂けたら助かります、よろしくお願いいたします。
(追加オプションに食洗機30万円こみになっていますが、外しても構いません)補足訂正です 諸費用には手付け金100万含みませんでした。

即答できます。
無理です。
かといって金額を下げるのは非現実的でしょう。
妥当かどうかを悩むのではなく、無理を承知でどうすれば乗りきれるかを考えるべきです簡単に試算します。
定年まで21年とします支出①住居費を除く生活費を月12万として21年で3000万②旅費や家電や冠婚葬祭に年30万として600万③学費1000万④老後資金3000万⑤車1台なら1500万⑥固定資産税や修繕費1500万⑦住宅ローン2365万+利息400万合計1億3400万収入540万×0.8×21年=9000万約4400万の赤字です。
昇給や退職金を加味していませんが、養育費や医療費が増えますので救世主にはならないでしょうポイントはふたつ。
ご質問文には細かく数字が書かれていますが、上記の試算ではほとんど使っていません。
要は「妥当かどうか」を判断するのに必要な情報が何かを、飲み込めていないですまた住居に関わる⑥と⑦がゼロになって、ようやくギリギリです。
妥当な住宅ローンはゼロ円。
賃貸のままでも、家賃ゼロでないと破綻します。
冒頭にかいたように、妥当かどうかで悩んでいる場合でないです。
現実問題として住居費を下げるのは不可能でしょうから、何を我慢するか、どこで無理をするかを考えましょう。
(念のためですが、頭金を貯めても解決しません。
逆に悪化します)まずは上記資産の値をご自身のものに置き換えて、現状把握をしてみてください

平均的だと思います。
あなたが駄目なら世の中駄目な人だらけですね。>>このプラン住宅購入することは妥当ですか?
月71000円の家賃を50年も払い続ければ4000万円を超えます。
持ち家でも必要になる費用が大差なく、定住することが確定的で住環境がよくなるのならば購入するという選択は妥当でしょう。
仮に収入の伸びが少なく、住居費の比率が高いが為に老後資金が貯まらない、教育資金が足りない等、他にお金が回らなくなったとしても、それは別の問題です。>日々の暮らしの内容がわかりませんが、収入からの借り入れの額だけでみるとかなりゆとりがあります。変動30年(元利均等)で0.675%(月々 72700円 支払い)を応用して保証金を込みにすると約0.2%プラスになります。変動30年0.875%(74717円支払い)年間896,604円支払いは年収に対して約17%一般的に25%以下だと、ゆとりのある借り入れといわれています。とはいえ、貯金はあればあるほどいいので将来の教育資金などの為に励んでください。>誰かに背中押して欲しいときですね。。
色々な意見があると思いますが、私はその物件と土地が本当によいものならば買いだと思いますよ。
ただし、油断はできない家計です。。
今回、買いだと思ったのは、ご主人の年齢が39歳であることですね、、収入や資金に余裕があまりない場合、健康面やローン期間を考慮すれば40歳までにローンを組むのが望ましいからです。
物件価格も特段、背伸びしてるとは思いませんし、貯金もきちんとしていらっしゃいます。
35年で借り入れして、お子様が小学校へ通い出したら奥様もパートなど頑張って繰り上げ返済されると問題ないかと・・。
頑張れば期間短縮して年金生活前に返済を終わらせることも可能ですよ。
初期費用など無理して支払わないでくださいね。
何かあった時のために、ある程度は手元に置いて置いてください。
以上、私見を述べましたが所詮は他人の無責任な意見です。
最終的には、ご自分達で電卓をはじき考え決断してくださいね。>諸費用として、登記費用とか、申請類の費用や印紙代、ライフラインの申請費用や工事費用、火災保険地震保険料など、測量や地盤調査費用、住宅ローンの諸費用などは、大丈夫ですか?
結構、初期費用で現金が必要になると思いますので、心配な印象です。
また、月々の返済額以外に、固定資産税や修繕費の積立もした方が良いと思います。月3?5万円位考えておいた方がよいと思います。>

家計診断をお願いします。

家計診断をお願いします。
かなり貧乏です。
夫38歳 手取り24万円夫34歳 手取り7万円計 約30万円子ども 小学1年双子男児家のローン60000円車のローン30000円各種保険30000円通信費(スマホ2台、固定電話、ネット)20000円食費50000円学費20000円夫小遣い20000円妻小遣い10000円妻医療費20000円ガソリン代5000円雑費(シャンプー、美容など)10000円レジャー費10000円太陽光のため光熱費はゼロです。
削れるところが見つかりません。
私は不眠症で数カ所の病院を掛け持っているので医療費はけずれません。
カツカツです。
なにか削れるところはありますか?

まず、家のローンと車のローンが組めている時点で「貧乏」ではありません。
収入が少なくてローンが組めない人が一説によると6割近くいます。
そう考えたら、組めただけで勝ち組とも言えます。
削るなら、まず食費の5万円。
やりくりの旨い主婦なら3万円もあれば充分です。
頑張って2万円でやりくりしている人もいます。
次に保険→共済等に変えたら半額位になりませんか? お小遣い旦那1.5万円、あなたは0円、スマホも格安SIMにしたら、2人で1万円以下になります。
本当に旨くやりくりしている人なら月7万円位は貯金しています。

車を維持したいなら、小遣いを抑えた方が良いですね。我慢です。車のローンは後どのくらい残ってるのでしょう?僅かなら致し方ないですが、身の丈に合った車種を選んだ方がいいです。レジャー費は車ローン中は互いの小遣いから捻出。双子のお子さんがいらっしゃるので、マイ小遣いは飽きらめるしかないか、車ローン返済後は、ローンが続いてると思って、3万は毎月貯金しましょう。保険も高過ぎるかなぁと。今は耐え時、色々我慢しましょう。>はじめまして。我が家は旦那のお給料が同じ手取りで私は1歳児童育児中で無職です。
まず、本当に貧乏だと思うならばそれなりの生活をしなくてはいけないと思います。我が家はそのように生活して毎月4万円は必ず貯金しています。
家のローン60,000円→現状
車のローン30,000円→手放しは難しいでしょうか?ローン分が無くなるならば手放し検討です。毎日使うのであれば現状維持かと思います。
各種保険30, 000円→保険見直しをする。本当に必要な額の生命保険や共済に切り替える。車を手放せば車関係の保険も無くなる。
通信費(スマホ2台、固定電話、ネット)20,000円→格安スマホ、固定電話頻繁に使わないなら解約
食費50,000円→40.000円にカット
学費20,000円→学童でしょうか?
夫小遣い20,000円
妻小遣い10,000円→それぞれ3000~5000円カット
妻医療費20,000円→現状
ガソリン代5,000円→手放しでカット
雑費(シャンプー、美容など)10,000円→毎月そこまでかかりますか?底値で揃えて千円カットにして。我が家は1000円以下の月もあります
レジャー費10,000円→小学生ならばカットして公園や近場で無料で遊べる所へ
見直せば5万円以上削れそうな気がします?そして貯金にする口座はキャッシュカード無しでおろせないようにする。我が家は娘の学資は入らずに口座に貯めてます。学資は保険屋さんがおいしいだけで驚くほど返礼率が低いから。そして家計の口座もキャッシュカード無しです。50万円貯まるごとに定期に移してます。すぐ使える状態だとおろしてしまうのでおろせない状態にするのは結構オススメです。>車そんなに使わないなら売る必要な時はレンタルする保険の見直し医療保険は必要最低限生命保険は必要な保証金額分にする通信費の見直しスマホ代うまくキャンペーンを利用したりsimフリー化するネット代は5千円程度なら妥当固定電話は使ってないので私はわかりませんこれで月に数万円変わってきます細々したところを詰めるより固定費を見直すのが大切です確実に毎月の出費が減りますので食費や日用品などはストック分を買いすぎないくらいでしょうか>小遣いと保険削りましょう。
レジャーも毎月行く必要はないので毎月1万も必要ないと思います。
子どもが小さいなら弁当作って公園に行くとかドライブに行くなどお金のかからないレジャーはいくらでもあります。
保険は必要最低限のものだけで今はいいと思います。
あとのことは今後収入が上がってから保険の見直しをされてもいいかと。
あとは決まった小遣いはお互い持たないことです。低収入なのでこれは仕方ないかと。旦那さんには必要な分だけその都度渡す。
スマホは格安スマホですか?格安スマホなら問題ないでしょう。でも今よりもっと安いプランがあるかも。プランの見直しされてみては?
38歳で手取り24万しかないのは、転職も視野に入れてもいいのでは?
光熱費ゼロなのはいいですね。
カツカツということは貯金はないのでしょうか?
ないのであれば貯金ができるまでは締めるところは締めて頑張ってください。>保険 本当に必要な補償だけにする。あれもこれもと考えると高額になる。
車 本当に必要か?都心にいれば公共交通機関で充分。免許があれば必要な時にレンタルかカーシェアで済んでしまう。
歩いたり自転車にすれば心身とも健康になる。
食費 4人?で5万は掛け過ぎ。なるべく外食や買い食は避ける。お昼の弁当もご飯くらいは持参すれば安く済む。
固定電話を解約 ネットとセットなら別
ネット自体解約 スマホがあれば充分
格安シムにする 最安、通話とデータで一人2000円くらいに収まる>

最低なことをしてしまいました。

最低なことをしてしまいました。
18歳 女です。
親は小さな頃から母はアル中父はギャンブラー。
ずっと早く家をでたいとおもってました。
中学を卒業して早く家を出るために通信の高校に自分で学費を払う条件で入学しました。
今まで学費ローンで親に借りてもらい毎月引き落としがあり同じ金額を親に返してました。
次の四月はもう最後なので親にローンを組んでもらえばまだ家にいないといけなくなるので4月までに学費の50万を一括で払うため貯めないといけませんでした。
学費を払わないとという気持ちでいっぱいいっぱいになり遠距離中の彼氏がいるのに内緒でデリヘルのお仕事をしてしまいました。
街で知り合ったスカウトの紹介でした。
しかし、かなりストレスがたまり口角炎になり気持ちが病んでしまい不安になったり意味無く涙が出たり 彼氏への罪悪感で精神的にきつくなり10日ほどの出勤で辞めました。
そしてとくになにもなかったですが念の為性病検査にいったところクラミジアにかかってました。
昨日ジスロマックという薬をもらい飲みました。
彼氏と最後にあったのが1月後半。
仕事を始めたのが2月からなので彼氏には確実にかかってません。
しかしもう明日には飛行機を予約してあります。
どうやって彼氏への感染を防ぐべきでしょうか?※この仕事をしたこと、最低なことをしてしまったことは自分でも本当にわかってますし反省してます。
批判などはなしでお願いします。

う”ん、、、、、?最低なことって「生きるために風俗で働いたこと」?それとも「他に方法がなかったから体張って稼いで結果として性病にかかったこと」?考え直したほうが良いのではないのですか?そりゃ、彼氏に隠して性風俗で働いたことは流石に気がとがめることでしょうけれど、ご自分の実を守るため、生きていくため、無事でいられるためもっと言えば保身のために家を早く出る他に方法がなかった、そのために恥や外聞、その他諸々の酷い苦痛に耐えていらしたのでしょう?結構今はそのたぐいの方はいらっしゃいます。
よろしければ 下(↓)のサイトを参考にしてみて下さい。
toyokeizai.net/category/hinkon確かに褒められることではないでしょうし、おつきあいなさっている方にも後ろめたい感情は押さえきれないでしょうけれど、ここはどうかその憤懣やるかたない感情をこういったサイトで吐くとかなさってなんとかこらえてくださいませんでしょうか?あまり役に立つ回答を出せなくって申し訳ありません、、、(汗)。

あなたはだいぶん祟られてますね。とりあえず何とか言い逃れできそうないいわけで完治するまでは性交しないのがいちばんです。追及されてどうしてもほんとうのことを言わなきゃいけなくなったとき話すしかないでしょう。ともかく霊的なアドバイスしたほうがよさそうですがおききになりたかったら連絡ください。>あなたはアダルトチルドレンです。ご存知と思いますが、アルコール依存症者の家族が、通う自助グループ『アラノン』にしばらく通ってみて下さい。あなたと同じ境遇の人達が暖かく迎えてくれますよ。15歳から通えます。また、アラノンには素晴らしい書籍が沢山出ていますので、読んでみてください。目からウロコです。是非、『Hope for today』という書籍を読んでみてください。アルコール依存症者の子供の為に書かれた本で、世界中で読まれています。あなたのこれからの人生にかなり役立ちます。あなたが自助グループに通い、書籍を読めば変化が起きてきます。すると、不思議とお母様も変わって来ます。あなたは今、本当に苦しいと思います。諦めずに行動に移して欲しいです。彼に風俗で働いていた事は、わざわざ言わなくて良いです。陰部がかゆくて受診したら、急性のじんましんで、しばらく性行為は駄目と医者に言われた位で大丈夫です。あなたは必ず回復します! 必ずです!心から応援しています!>学費のためという言い訳で風俗嬢をやったことを正当化できません
クラミジア感染したのは生でsexしたからですね?
デリヘルではそこまでやれとは強制してないはずですよね?
今のあなたで彼氏に会って、彼氏を正面から見れますか?
甘くみすぎてませんか?どんな男も風俗嬢とは付き合いたくないものです
感染を心配するより彼氏に正直に話すべきです
あとは彼氏の判断にまかせるしかありません
性病なのにsexすることを考えるのは異常ですよ?>子宮の病気でしばらく相手は出来ないと言って誤魔化せばいい。>今の彼氏さんと永遠を共にするならもうすべて話した方がいいよ。ずっとエッチしないわけにもいかないし、話して治すしかないよ。彼氏さんにも感染したらかわいそうだし。>

学費を未納のまま大学を中退した後で

学費を未納のまま大学を中退した後で教育ローンの増額は借りれますか?大学の学費がすぐには払えなそうだったので猶予をもらっています。
ですが、色々とあって大学を続けられなそうになったので中退しようと思っていますが、中退しても学費がまだ払えてないので、その分を教育ローンの増額で払うということは可能ですか?

不可能です。
大学に確認が行きます。

老後のお金が心配です。
主人にも厳しい老後は過ごしてほしくありません。
住宅ロー...

老後のお金が心配です。
主人にも厳しい老後は過ごしてほしくありません。
住宅ローンや子供の学費もまだまだ気になりますが、一番かかるのは老後と思います。
住宅はあるものと仮定して65歳までにどのようなお金の貯め方をすればいいでしょうか。
夫共約40歳、20年は会社務め、その後5年は貯蓄を食いつぶすことはしたくないと考えています。
出来れば早く老後を気にせずに生活できるような基盤を作りたいです。
現年収夫700万、妻500万、(手取りは把握していませんが合計800万円くらいでしょうか?)年間貯蓄250~300万子供(保育園)1人以下固定費住宅ローン 150万/年保育園 80万/年保険(生命、医療、車、バイク) 40万/年小遣い(夫婦で)80万/年通信費 40万/年 今後どうなるか保証はありませんが、いつまでにどれくらい貯めればいいとか、どうやって貯蓄を増やすとか、どういう投資をすればいい、とかアドバイスをお願いします。

確認したほうが良いことが5点ありますまず夫婦ともに65歳まで働けるかということです。
一旦退職した後に再雇用があるかないかでかなり変わります。
65歳まで雇用する会社が多くなっていますが、その場合は割りと安心だと思います。
2点目は年金額です。
一般の厚生年金は約20万円です。
夫婦で30万は固いでしょう。
これに企業年金が加わります。
3点目は企業年金があるかどうかと、もれえるならいくらぐらいかということです。
月2,3万から月15万ぐらいとかいろいろみたいなのでここは情報収集したほうがよいでしょう。
4点目は教育費です大学までいって(私立コースかどうかで変わってきますし。


)5点目は運用です。
野村證券の投資信託の1500億円以上あるようなものでよいですので勉強しましょう。
毎月分配型も案外悪くないんですが(ネットの評価はさんざんですが)一度少額でも投資してみて気に入ったもので運用なされたらよいと思います。
株のインデックス投信は個人的にはあんまりおすすめしません。
それと保険の個人年金は運用利率が低いのでおすすめしません。
上記確認して、企業年金があり、65歳まで働けて、学費がまかなえて、60歳時点で退職金含めて貯金が3000万もあれば十分な金額と思います。
(退職金を毎月分配型投信にぶっこんで投信の評価額がほぼ横ばいだと十分すぎるほどお金が余ります)

こんにちは。
拝見させて頂きまして、私見で気になりましたのは、保険料・小遣い・通信費でしょうか。
現時点では二人の合算で少なくはない収入が得られているようですので、ある程度安定した生活が
送れる事と思いますが、将来的に不安を感じるようであれば、少し贅沢を減らしてみることや
無駄な支出を減らして投資へ回すことを真剣に考えてみる事をオススメします。
投資にはいろいろと特徴があり一概に特定の投資が良いとは断言できかねますので、
本やネット、またはセミナー等からご自身に合いそうな投資を勉強されながら実際にやってみるのが
よろしいかと私は思います。
保険はライフステージに合わせて見直しをする事で支出を減らせる可能性の高い項目です。
特定の保険会社に属さないFPが中立の立場で無料で照査をしてくれますので、一度利用してみるのも
良いかと思います。
下記リンクをご参考までに。
arigatoukannsha.seesaa.net/>老後の資金、貯蓄方法、投資方法+家計相談(?)と質問が多岐にわたり、全てを回答することはできないので、老後の資金について私見を書きます。
現状を想定した範囲です。
一人になった時に高齢者住宅に入ることを想定した場合、2000万円+年金があればかなり良い場所を選択できると思います。
夫婦それぞれ終身保険(生命保険)1000万円があれば、貯蓄1000万円+年金です。
貯蓄がない場合、家を担保にお金を借りて高齢者住宅に入居する人もいるようです。
その年齢を85歳と仮定した場合、65歳から20年間を二人の年金で生活することになります。
年金がそれぞれ10~15万円として、貯蓄から毎月10万円補てんするとかなり充実した生活ができると思います。
その場合、月10万円で20年間、2400万円の貯蓄が必要です。
終身保険が無い場合は65歳の段階で4400万円、修身(生命保険)1000万円あれば3400万円です。
退職金込の金額なので、予測される退職金を引いた金額を貯蓄しておけば大丈夫だと思います。
厚生年金(共済年金)を想定した設計なので、国民年金であればその分貯蓄が必要となります。
利子がない(物価上昇と等価)貯蓄を想定していますので、投資して増やすことができればもう少し少なくて済みます。
それ以外の条件として、65歳の段階で家のローンが終了しており、家のメンテナンス代金を確保しておく必要があります。
60歳に一度退職して再雇用で65歳まで安い給与で働くことを想定し、60歳までに足りない金額を貯蓄しておけばよいと思います。
年齢によりますが、子供が大学を卒業してから数年で貯蓄できるのではないかと思います。
貯蓄を増やすには日々の倹約、年間250万できていれば十分(すぎる)でしょう。
かなり収入が充実しているので、少しリスクがある投資信託等で増やしたら良いかと思います。
毎月配分型(配当金10万円程度)の投資信託にしたら、貯蓄より長い期間支払われる(可能性が高い)と思います。
65歳になって配当金を生活費に充てるのも一つの方法です。
貯蓄が十分あれば、今からでも貯蓄の一部で購入しておくもの良いでしょう。
これから教育資金等が必要となりますので、家計と教育費等については別途質問されたら良いでしょう。>手取りを把握しましょう、(年収からすると900万くらいはあるのでは?)
そして支出を生活費を含めて把握しましょう。
もし900万だとすると支出は600万、固定費が400万で生活費は200万となります。
そうだとすると月17強を食費含めて色々な事に使っていることになります。
ここの支出を見直すだけで大分違うしいざという時に削減可能な項目が事前に把握できます。
さて家を持っているってことで次にくるのが教育費です。
塾や私立の中高大学にするか否かで預金すべき金額は全く違ってきますのでまずここを計算しましょう。
お歳から考えると60歳前に大学に行くことになるので準備は必要です。
その次にくるのが老後生活です。
考え方は年金額で足りない分ということで計算できます。(今からでも年金のシミュレーションは出来るのでやってみましょう)
・生活費の予想
65歳まで働くのなら90歳くらいまでの予想を立てます。
例えば月30万円とするなら生活費は9000万円必要となります。
・年金額の予想
月25万貰えるとなるなら月5万円の補てんで済むので1500万円で済むことになります。
上記以外に家の補修、老人ホームなどへの入居等々色々考えて計算しておけば良いかなと思います。>まずはそのお金に対する大雑把さを直すべきですね。
あと20年後には年金をもらえる年齢が68歳にはなってる
このままだと70歳になってもおかしくない経済状況です。
子供がまだ小さくその収入では貯金を食いつぶさないと
運用するにしても40歳ではあまり時間がないですし
お子さんにかかるお金2000万?3000万にお金を取られ
運用だけで食べていける資産を築くのは難しい。
そもそも年金をもらえるまでの8年間を補填する
というような考え方自体運用に向いていない。
自分たちで管理するのは難しい状況だと思いますので
60歳から10年間、月15万くらいをもらえる
保険商品を買ったら安心できるのではないでしょうか。
子供のお金と住宅ローンを払いつつ保険料を払う計算
子供費(150万を20歳まで)
年金保険(85万を60歳まで)
その他の貯金(215万)
ここまでで450万
住宅ローン150万(60歳まで)
生活費
保険、小遣い、通信費160万
食費、日用品、雑費140万
ここまで普段の生活費450万
近いうちに使う貯金
車バイク買い替え積立20万
家電の買い替え、旅行、その他30万
手取りは950万でしょう。
かなり贅沢に暮らした場合の計算ですが
年間400万は確実に貯金にまわす。
万が一自分で貯金に失敗しても60歳から70歳まで
15万もらえればとりあえずは暮らしていけるでしょう。
いざとなれば家を手放す>

来年から大学生です。
東京の方に進学します。

来年から大学生です。
東京の方に進学します。
学費を払うのに、教育ローンを考えています。
そこで、教育ローンのメリットとデメリットを教えてください。
詳しい方は、それ以外にも詳しく教えてください。
補足簡単にメリット 、デメリットを教えてください

何と比べてのメリット・デメリットなのかわかりません。
全て自費で学費を賄う場合との比較でしょうか?だとすれば、メリット 自費で賄いきれない学費を調達することができ、進学がかなうデメリット 借金が残るうえ、利子も付くということに付きますね。
他の奨学制度との比較におけるメリット・デメリットということで、日本学生支援機構奨学金との比較であれば、メリット ①成績要件がないので成績不良者でも利用できる ②入学前に融資を受けることができるので、入学金や1年前期授業料にも充てられるデメリット ①利子が高い、融資審査が厳しい ②大学在学中に利息分返済が開始となる ③原則として、別世帯かつ安定収入の連帯保証人をたてなければならないということですね。
ちなみに、利子については、各金融機関によってかなりの差異があります。
一般的には国の教育ローン(日本政策金融公庫教育ローン)が最も利息が低いです。

教育ろーん
親が借ります、(親の属性しだいでは貸してもらえない)。返済がすぐに開始される。金利が高い。入学前にお金が用意できる
奨学金
子供が借ります。返済は卒業後。金利が安い。親の収入が多いと借りられない場合がある。入学後に開始。(入学金や前期の学資は自己資金でしはらう)>政府、民間、郵貯、色々ありますので、まずは、徹底的に研究してください
日本政策金融公庫
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html
郵貯銀行
webzy.sakura.ne.jp/loan/cat0006/1000000042.html
三井住友銀行
www.smbc.co.jp/kojin/kyouiku/
中央労働金融公庫
chuo.rokin.com/loan/edu_loan/
比較表
www.eloan.co.jp/lp/perfectguide/education3.php?from=yahoo_se...
★簡単にメリット 、デメリットを教えてください
奨学金のほうが金利が安いと思います
奨学金なら貸与で返さなくていい種類ものもあります(第1種)
教育ローンはどれでも奨学金より金利が高いのと違いますか?
それがデメリットです。>

今の所、娘が私立大学を受けようと思ってます。

今の所、娘が私立大学を受けようと思ってます。
学費ですが、多分四年間で500万位かかりそうですが、うちは貯金が50万位しかありません、教育ローンなどでなんとかなるものなのでしょうか?よろしくお願いします。

その預金はお子さまのための預金ですか?家庭の預金ですか?後者なら、私立大学への進学は諦めることが懸命です。
どうしても、大学に行きたいなら浪人して国立を目指してください。
借入する500万円はお子さまが将来働いたら返す!と思ったのなら、間違いです。
返せないですよ過去の質問を見ましたが、あの職業は国立の教育学部、医学部保険学科の人でもなれないですよ。
なりたい夢があるなら勉強して成績をあげる。
それが嫌なら大学になどいかない。

実際は、返せないような額ですが、今は国の教育ローンを借りて大学に進学しておられる方は多いようですよ。私立大学でも過半数が国のローンを何等かの形で利用しています。
返済計画を娘さんに納得していただいた上で、自宅から通えるところを選び、その上で、アルバイトをしてもらって、できるだけ借りる金額を抑えておかれたらと思います。>娘さんの一生のことなのでしっかり考えて見ましょう。
収入があるのであれば
教育ローンの利用は可能です。
そのほかに奨学金制度を利用する方法も
あるので検討してみましょう。
くわしくは次のサイトを参考に
してみてください。
kiyouikuloan.seesaa.net/>>うちは貯金が50万位しかありません
学生ですか?
釣りですか?
先ず無理でしょうね。
貯金が50万で返済能力があるとみなされないでしょう。
不動産があって担保に入れられるのなら見込みはあると
思いますけど・・・
奨学金制度利用をおすすめします。>入学納入金は、50万では足りませんので国の教育ローンで借りましょう。
授業料などは奨学金を借りましょう。
教育ローンは親が、奨学金は子供本人が返済します。
返済時期は、教育ローンは、借りた翌月から、奨学金は子供本人が卒業してからとなります。>問題は高額な借金をして、本当に返済できるのか?だと思います。
貸してくれるのか?ではなく、返せるのか?です。
無理であれば、大学に行かせられません。私立大学に行かせたいのであれば計画的に貯蓄してないとダメですよ。就職活動をお勧めします。
日本政策金融公庫と銀行ローンを相談してみてください。娘さんが返済するのであれば、4年間元金据え置きにする方法もあります。>

-学費ローン

© 2021 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ