旅行ローン

家計にしめる住宅ローンの割合について。 これから住宅購入を考えてい...旅行ローン

オーストラリア コアラを抱っこできる動物園を教えてください

オーストラリア コアラを抱っこできる動物園を教えてくださいオーストラリアのシドニーに旅行へ行きます。
子供も一緒なのでぜひコアラを抱っこして写真を撮りたいです。
抱っこできない動物園もあるようなので抱っこできる動物園を教えてください。
予約が必要かどうか等も教えていただけると嬉しいです。
ちなみに行くのは3月です。

オーストラリアでは州によりコアラの抱っこを禁止しています。
■コアラの抱っこを禁止している州 ニュー・サウス・ウェールズ州(州都:シドニー) ビクトリア州(州都:メルボルン) タスマニア州(州都:ホバート) ノーザンテリトリー(首府:ダーウィン) 首都のキャンベラ■コアラの抱っこを禁止していない州 クイーンズランド州(州都:ブリスベン) 西オーストラリア州(州都:パース) 南オーストラリア州(州都:アデレード)残念ながら、シドニー(が含まれる州)ではコアラの抱っこは禁止されています。
どうしてもコアラの抱っこがしたければ、ケアンズトロピカルズー(ケアンズ)www.cairnstropicalzoo.jp/カランビン・ワイルドライフサンクチュアリー(ゴールドコースト)www.cws.org.au/ローンパイン・コアラサンクチュアリー(ブリスベン)www.koala.net/index.php?lang=jaまで足を伸ばす必要があります。
上記3園は全てクイーンズランド州にあります。
予約はたいてい不要ですが、念のため確認されてから行かれることをお勧めします。
kinako_to_popoさんの質問に回答

国民年金の追納、どのタイミングですべき?

国民年金の追納、どのタイミングですべき?社会人二年目です。
国民年金で猶予されていた分が50万円分あります。
来年度から追徴金がかかるそうです。
当分所得が330万円を超えないと思われるので、早いうちに追納しておくべきだと思いますが、今後の出費とかも考えると、一度に50万円払ってしまうことにためらいを感じます。
現在の預金残高は250万円ほどで、奨学金を返していますが実家ぐらしのため月10万は余りますので放っておけば旅行や贅沢しても年100万円は貯まる計算です。
ですが来年200万円ほどの車を購入しようと考えていたり、突然の事例で転勤で一人暮らしが発生する可能性もありえます。
それらを考慮すると、この二年目のタイミングで50万円追納すべきなのかどうなのか悩みどころです。
みなさんならどうしますか?利子が発生しても、車購入後、3~400万円溜まってからのほうがいいでしょうか?(車の購入を我慢する等、私の人生設計に触るのははナシでお願いします)

・貯金が貯まるまで待って追納の加算額を払うべきか・クルマはローンで払って、追納の加算を免れるかの選択肢になりますでしょうか。
・損得勘定を優先するなら、クルマを先に調達し、追納を後まわしに一票。
(どこのローンを選ぶかにもよりますが、加算額の金利よりローンの金利の方が高いので)・人生設計を優先するなら、追納を先に済ませる方に一票。
(10年過ぎると、追納の機会を失ってしまうから。
定年後の再就職は難しいので、年金は多いに越したことがないです。
多分、クルマを先にすると、維持費が膨れて追納はする気がなくなります。
保険料、税金、ガソリン代、メンテナンス等で、50~100万円くらい毎年かかりますので、ご考慮を)どちらが正しいという答えはありません。
肝心なのは、選んだ以上は後悔しないことです。
私だったらクルマかな。
お金のかかるツールだと、最初から割り切っているので。

猶予分を追納するのは損だと思います。ねんきんネットでシュミレーションすればわかりますが、猶予された方が有利です。>毎年度、加算額が上がっていく(納付金額が高くなる)ということは理解されていますか?>

家計にしめる住宅ローンの割合について。

家計にしめる住宅ローンの割合について。
これから住宅購入を考えています。
収入の何割までなら住宅ローンに当てても大丈夫ですか?また貯金は毎月いくらするのが妥当ですか?手取り四十万で、月十万位のローンの支払いを考えています。
無謀ですか?子供は現在一人ですが、二人目も考えています。
皆さんは収入の何割を住宅ローンの支払いにあてていますか?

どのくらいなら住宅ローンに充てても大丈夫か?はとてもざっくりとした質問だと思います。
今現在、手取り40万円で住居費にどれくらい充てているのかわかりませんが、一般的に銀行が融資してくれる額=楽に返せる金額ではありません。
感覚的には年収の4倍くらいのローンなら楽に返せる金額…と思います。
手取り40万円なら額面で550万円前後だとしたら、借入2200万円くらいでしょうか。
借りるのは属性が良ければ3300万円くらい借りられますが、楽な返済にはならないと思います。
持ち家の住居費はローン返済だけでなく、固定資産税の負担や修繕のための積立も必要です。
するとローン金額に加えて2万円程度は住居費として考えます。
あなたの手取りが40万円で10万円のローンならあと2万円足して12万円が住居費用となります。
贅沢しなければ8万円くらいは貯蓄できるでしょう。
最低でも4万円は貯蓄したいところだと思います。
ただこういったことはそれまでのご家族の生活も大きく影響を受けることなので、あまり無理のある額を借りるとマイホームを取得したら我慢ばかり…ということにもなりかねないと思います。
お子さんがいるなら教育費をどうするか?も大きな問題だと思います。
たとえば私立へ小学校から入れるのか?とか、大学くらいは私立でも良いと考えるのか。
1人と2人でも必要な資金は異なりますしね。
ただ無理をしないで、時には家族旅行もして…と考えるのならば返済はもう少し抑えた方が良いかもしれませんね。

住宅ローンの支払いに関しては、支払うことができる範囲内でまず考えるようにしましょう。
手取りではなく、総額に対して、銀行等融資先が融資可能金額を出します。返済比率という考え方です。
その家庭で住宅ローンを含め、ローンとして年収に締める割合です。
所得にあわせて25%から40%の範囲で算出されるケースが一般的です。
年収が低いほど、比率が低く、高くなるほど比率も上がります。
40万円だとして考えると、
40 X 12 =480
480万円ということになりますので、480万円では、35%の返済比率を適用する銀行が多いので、
480 X 0.35 = 168
168 ÷ 12 = 14
ということで14万円までが、月に支払うことができる最大金額ということになります。
ボーナスは、併用しませんので、毎月の支払い可能金額が14万円ということになります。
希望されている10万円以上なので、住宅ローンとしての資金計画はなりたつということですね。
他人の支払い金額を自分の支払い金額と比べてもあまり意味がありません。自分の生活レベルの中で判断しないと、このように銀行がお金を貸すからマックスまで借りるという人もいれば、生活の内容が違うので支払いできないと考える人もいます。
銀行が考える支払い基準は、あくまでも銀行側が損をしないレベルなので、借り入れのできる尺度と思ってください。
住まいを持つということは、大きな投資でもありますが、将来に対しての生活基盤の安定化にもつながります。
大きな財産と家族に対する住居の確保という大きな責任でもあります。保険の見直し等も検討されて、住宅取得の意味をよく理解された上、、支払い金額にチャレンジできると判断された場合は、進めてよい時期だと思います。>一般的には年収400万以上の人なら収入の35%までは安全圏といわれています。
客観的には月の返済が10万程度であればまったく問題ない水準ではありますが、問題はのこりの30万をどうしているかです。
現在の住宅費(家賃等)と比較して高くなるのか、安くなるのか。残りで支出をまかないきれるのか。そのあたりを基準に考えるとよろしいでしょう。
はっきりいってしまえば、現状と照らして無謀なローンなんて基本的に金融機関がさせてくれません。ローンで破綻した人のほとんどが現状のままで行って破綻したのではなく、状況が悪化(収入の減少、金利の上昇)したことで返しきれなくなっています。
今の状況だけで見て当初のみ金利が安い商品、ボーナス返済付のローンを選ぶとあぶないですね。
返せない場合は売ってしまえばいいので、危険といっても本来ならたいしたことはありません。ただし元本の返済以上のスピードで物件の価格が下がっていくと身動きが取れなくなります。売った金額ではローンを完済できないからです。具体的にいうと新築ですね。>

-旅行ローン

© 2020 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ