みずほ銀行

みずほ銀行へ振込みたいのですが自分はどこの銀行の口座も持っていま...みずほ 銀行

みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行、どちらをメインバンクにすればよろしいですか?

みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行、どちらをメインバンクにすればよろしいですか?どちらの口座も持っており今は三菱が給与口座、カード等の生活費の引落先になっています。
この度貯金が500万を超えました。
両銀行とも500万円が手数料優遇等の措置の一つのラインになっているので、どちらが使い勝手が良いのかご教示頂ければと思います。
貯金は今後500万を割ることはありません。
家賃の振込相手はみずほですが、両銀行とも他行宛手数料優遇措置があります。
給与口座、生活費引落口座をどちらにしようか迷っています。

私は会社を経営する立場の人間で会社のメインバンクとしてみずほ・三菱東京UFJ・りそな銀行など複数の銀行と法人取引をしています。
例えば資金調達の為に融資を受ける時の金利は一律ではなく会社の業績・信用など幾つかの査定の応じて格付けランク(A・B・C・D)され、格付けランクによって同じ金額のお金を借りるにしても金利が異なり融資金額・返済期日も異なります。
そして、最も銀行を信用出来ない大きなポイントは各銀行の各支店の支店長(一般的には3年~4年)が変わるとガラリと支店の方針が変わり、手のひら返しされる事も多々あります。
その時の対抗策としてメインバンクを一つの銀行に絞らず複数の銀行と取引をして、銀行を牽制しつついつでも他の銀行に比重を移動させると言う様な駆け引きをするのが本来、銀行と上手く付き合うための手法です。
では、個人で口座を開設して預貯金を預ける場合ですが、例えばみずほ銀行は1千万円以上の預金残高を越えるとプレミアム会員となり何点かの優遇サービスが、更に3千万円を越えるとプレミアムブリリアント会員資格を得て更に優遇サービスがグレードアップします。
三菱東京UFJ銀行の場合もQuality Life Clubと言った優遇サービスがあります。
正直言って1千万円前後の預金の場合は何処の銀行もサービス内容には大した差がなく、個人担当の営業さんの対応もその時たまたま付いた担当者は親身に対応してくれて相性も良くても、銀行の場合は長くても3~4年で担当者が変わってしまいます。
担当者が融通が全く利かず相性が悪い人間が担当者となった場合は最悪です。
私は個人でも複数の銀行を使い別け、その時々に付いた担当者如何により、メインバンクも使い別けています。
同じみずほ・三菱東京UFJでも支店が違うと顧客に対する対応も異なるので一様にどちらの銀行が使い勝手が良いと回答する事は出来ません。
強いて言うならば、支店に行く前の利便性、ATMなどの観点を考慮して判断するのがベストだと思います。
私の場合、以前はみずほ:5 三菱東京UFJ:3 三井住友銀行:2りそな:1 と言った感じでしたが現時点では、みずほ:3 三井住友信託:3三井住友:2 三菱東京UFJ:1 その他(りそな・ゆうちょなど)と言った比率になっています。

みずほの方が相性よさそうですね>仰る通り、500万円残高があれば両行とも他行宛振込手数料とコンビニATM利用手数料のどちらも回数制限つきですが無料になります。もちろん、自行ATMのATM時間外手数料に関してはどちらの銀行も月々の回数制限など無しで何度でも無料になります。では、両行の違いについて述べます。
他行宛振込手数料が無料になる回数
三菱東京UFJ銀行:月3回(MUFGダイレクトでのみ優遇)
みずほ銀行:月4回(みずほダイレクト、みずほ銀行ATMの両方で優遇)
コンビニATM手数料が無料になる回数
三菱東京UFJ銀行:月3回(メインバンクプラスに登録した普通預金口座のみ優遇)
みずほ銀行:月4回(みずほマイレージクラブに登録した普通預金、貯蓄預金で優遇)
通帳繰り越し
三菱東京UFJ銀行:ATMコーナーが稼働していればATMで年中24時間可能(ただし、総合口座通帳で定期預金口座も開設してある場合は平日のみ可能)
みずほ銀行:普通預金通帳、総合口座通帳、貯蓄預金通帳であれば有人店舗のATMコーナーにある通帳繰越機で年中24時間可能
キャッシュカードに生体認証(三菱東京UFJは手のひら静脈認証、みずほは指静脈認証)登録した口座を使用して窓口取引をする場合
三菱東京UFJ銀行:残高を差し引く取引(引き出し、振り替え、振り込み、納付書などでの各種支払いなど)の場合は手のひら認証による確認とキャッシュカードの暗証番号入力が必要となり、逆に印鑑は使えなくなる。つまり、セキュリティが一層厳しくなる。ちなみに、三菱東京UFJ銀行は国内全店舗の窓口にも手のひら認証の端末が設置されている。
みずほ銀行:キャッシュカードの生体認証登録の有無にかかわらず、窓口取引では従来通り印鑑と身分証明書での確認となる。
これらを総括すると、利便性で選ぶならみずほ銀行、セキュリティで選ぶなら三菱東京UFJ銀行という事になりますね。
500万円も残高があればセキュリティ面(特に窓口取引)もかなり気になるので、窓口取引でもキャッシュカードのICチップに登録した手のひら静脈の確認が必要になる三菱東京UFJ銀行もかなり魅力的です。>三菱東京UFJ銀行を使っています、500万円残高(月末)とダイレクト、メインバンクプラスで、いろいろ特典があるので使っています。
ただ、三菱東京UFJ銀行の対応には、今まで、ひどい目に何度かあいました。
ただ、振込先が三菱東京UFJ銀行の所が多く、仕方なく使っているという感じです。
ですから、メインではありません。>

みずほ銀行のネット支店について。
みずほ銀行のネット支店を開設したいのですが、...

みずほ銀行のネット支店について。
みずほ銀行のネット支店を開設したいのですが、すでに普通口座を開設している場合はネット支店を開設できないですか。
できる場合は、普通口座からネット支店へ営業時間外に預金を移すことは可能でしょうか。
みずほマイレージクラブに入っている50代です。

>すでに普通口座を開設している場合はそれは可能なようですよ。
ただ、すでにある口座のダイレクトバンキングに インターネット支店の口座は登録できないようです。
私はインターネット支店の口座でなく、支店が違う口座は複数持っていて 1つの代表口座のダイレクトバンキングに 他の支店の口座を利用口座として登録してあるのですが、インターネット支店は、そういうふうに利用口座として登録が出来ないようです。
>普通口座からネット支店へ営業時間外に「振替」は、支店は違っても、同じ銀行の口座同士でが「振替」なので、ATMで振替だと、みずほ口座同士の振替は、みずほ銀行のATMでしか出来ないです。
ATMだと、振替出金する口座の、キャッシュカードと暗証番号が必要で、振替入金するほうの口座は、通帳が必要です。
インターネット支店は通帳がないので ATMで振替入金するほうの口座にするのは無理だと思いますよ。
みずほの窓口でなら、みずほはキャッシュカードでも 窓口で入金や出金はできるので、窓口でなら 振替入金するほうの口座にするのは可能ですよ。
ネットで「振替」だと、既存の口座のダイレクトに、インターネット支店の口座が登録できないので、登録してある口座にしか「振替」はできないので、ネットで「振替」もできないと思いますが、「振込み」は可能です。
マイレージの手数料優遇条件を満たしていれば「振込み」にしても 振込み手数料無料で済む口座の場合もありますよ。

すでにみずほ銀行の口座を開設していても、インターネット支店の口座開設は、できます。
www.mizuhobank.co.jp/start/step/type.html
振込・振替は、平日8:45?15:00までです。
www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/208?category_id=93&page=1&...>

みずほ銀行について教えてください。

みずほ銀行について教えてください。
家賃の引き落としをみずほ銀行で行いたいのですが振込先が三菱東京UFJです。
手数料をかけずに振り込む方法はありますか。
三菱東京UFJでいうプラチナステージとかそういうもの。
なければ家賃9万円を振り込むのにおいくら掛かるのでしょうか?ご教示お願いします。

引落(=口座振替)は、自動的に口座から資金が引き落とされ、支払が完了するものです。
管理会社等の三菱東京UFJ銀行口座へ、振込が必要ということでしょうか。
振込でしたら、みずほ銀行の場合、みずほマイレージクラブがあります。
総資産残高50万円以上 or NISA口座をお持ちですと、毎月1回他行宛の振込が無料となります。
総資産残高500万円以上 or みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)の利用額が、年間100万円以上 or 各種口座(投資信託・金銭信託・外貨預金・公共債等)に残高がある場合は、毎月4回他行宛の振込が無料となります。

みずほ銀行へ振込みたいのですが自分はどこの銀行の口座も持っていません

みずほ銀行へ振込みたいのですが自分はどこの銀行の口座も持っていませんそれでもみずほ銀行のATMで振り込む事はできるのですか?

現金のみで振込みができますよ。

-みずほ銀行

© 2020 レディースローン即日融資なんて便利過ぎ